名古屋の天候と太陽光発電

太陽光発電は天候に左右される発電システムです。
名古屋でも太陽光発電を取り付けるかどうか迷っている方が多いかと思いますが、雨の日のことでしたらそれほど深く考えることはないかも知れません。
確かに雨の日には発電できませんが、いつまでも雨が続くわけではありませんし、
もしも降ってもまたその後晴れると発電できるようになります。
梅雨の季節もあるものの、梅雨の日も発電が全くできないというわけではないのです。
ですので取り入れても問題はありません。
また雨は実は発電モジュールにとってのメリットがあります。
外に設置している太陽光モジュールはどうしてもほこりがついてしまいまうのです。
しかしそれはなかなか掃除できません。
そこで雨が活躍します。
雨が降ったときに誇りをきれいに洗い流してくれます。
これによっていつまでもきれいなままで太陽光発電を使えるのです。
基本的にはトータルで考えて節約ができればそれでいいのではと思います。
雨の日があってもそれよりも晴れの日に沢山発電ができればいいのです。
雨があまりにもおい地域の場合は避けたほうがいいかも知れませんが、名古屋にはそれほど雨の多い地域があるわけではありませんので気にする事はありません。
ただ、高いビルが沢山あって、どこにも発電できる場所が無い場合には太陽光発電をつけないほうがいいのですが、近くに高いビルなどがなく、これからも建設される予定がないというのでしたら取りれるだけの価値があります。
そのほかにも名古屋といえば海の近くに暮らしている方もいらっしゃるかと思いますが、塩害のある地域では付けることができません。
塩によって発電できなくなってしまうからです。
しかし塩害があるかどうかは調査をして分かることで、実際には塩害があると思っていても調査の結果塩害がないかも知れません。
適した地域に太陽光発電を取り付けることによってかなり多くの電気代を賄うことができます。
地域の見本になるかも知れませんし、本気で検討をしてもいいかも知れません。