名古屋市の発電以外の効果

太陽光発電なのですが、実はものすごく相性のいい地域というものがあります。
それは意外に感じる方も多いのですが、実は名古屋市が最も太陽光発電に適しているというような試算もあります。
天候がいい日が多いというようなことがその理由に挙げられるでしょう。
もちろん試算ですし、その年の天候にもよる部分が多いのですが、名古屋は比較的太陽光発電向きの地域であるといえます。
発電量を期待して大きな太陽光発電システムを利用している方もいらっしゃるほどです。
そのような太陽光発電と名古屋なのですが、発電以外にも気になる効果というものが備わっています。
その発電以外の効果なのですが、いわゆる遮熱効果というものです。
夏などは、太陽光の影響で屋根が厚くなります。
そしてそれが家の温度に大きな影響を働かせるということが言われています。null
確かに、屋根に上がったことがある方はわかると思いますが、屋根の上というも音は非常に熱くなるものです。
家の気温も上げるということがよく分かります。
その太陽光発電システムのしゃ熱効果なのですが、実は太陽電池モジュールがあります。
太陽電池モジュールがあることによりまして、その部分の太陽光の熱を抑える働きがあります。
屋根に直接熱が伝わらないようになっています。
ですので、太陽光発電システムにはしゃ熱効果があるというわけです。
結果的にエアコンの使用頻度を下げるようなことも期待できますので、大いに着目できる部分です。