メリットは?

さて、太陽光発電のデメリットだけではなく、今度はそのメリットについても目を向けてみましょう。
太陽光発電は最近ではかなりの新築住宅(集合住宅も含む)に設置されるようになってきました。
すでに人が住んでいる住宅にも太陽光発電装置を増設する家庭も増えてきています。
太陽光発電は環境的にクリーンなエネルギーであるといわれており、すべての家庭に太陽光発電装置が設置されれば火力発電や原子力発電などの既存の発電が不必要になる可能性があるのではないかとまで言われています。
このような太陽光発電を家庭に導入することによって、以下のようなメリットが考えられます。
電気代が節約できる・・・太陽光発電装置を利用すれば、月々の電気代を安く押さえることができるようになります。
さらに家庭で利用するエネルギーをすべて電気に変えるオール電化にすれば、さらにお得になります。
天候によって太陽光発電で100%家庭の電気を賄うのは難しいのですが、これまでの光熱費を8割近く削減できると考えられています。
電力を売ることができる・・・太陽光発電で発電した電気は、ときには家庭では使いきれずあまらせてしまうことがあります。
家庭で大型の蓄電器を運用するという方法もありますが、現在主流なのはそのような余剰電力を既存の電力会社に売却する方法です。
電力会社と電力売買契約を結んでおくことによって、毎月売買した電力の分の料金を受け取ることができます。
夜間の電力が利用できる・・・太陽光発電は太陽が出ている間しか発電できないので、夜中に電力を供給することはできません。
しかし、電力会社の提供する夜間電力を安く使用できるプランに申し込んでおけば、夜間の電力を安く使用できます。
相対的に昼間の電気料金が高くなっていますが、昼間は太陽光発電を行っているのでトータルで考えるとかなり電気料金がお得になるでしょう。
環境への優しさ・・・太陽光発電は火力も原子力も利用することのない、100%自然の力を利用した天然の発電システムです。
そのため二酸化炭素の排出もなく、環境に優しい発電方法として注目を浴びています。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>