太陽光発電の補助金について

太陽光発電システムを設置する際には、国や地方自治体から補助金をもらうことができます。
(平成24年現在)補助金をもらってお得に太陽光パネルを設置するために、どのようにして補助金をもらうことができるかを紹介します。
今回取り上げるのは国からでる補助金についてです。
地方自治体については各都道府県や市町村によって条件や金額が異なっているので、各自治体からの情報を参考にしてください。

◆補助金を受けることができる太陽光発電システム・パワーコンディショナの定格出力合計値または太陽電池モジュールの最大出力値合計のどちらかが10kW未満であること・太陽電池モジュール認証を受けていること(品質が保証されていること)・太陽光発電システムの価格が55万円/kW以下であることなど。

◆補助金の申請ができる人・太陽光発電システムを住居に設置する個人や法人、建物の管理者

◆申請の代行・太陽光発電システムの設置業者が補助金の申請の代行を行ってくれる場合もあります。
申請手続きの代行ができるのは、行政書士・行政書士法人もしくは太陽光発電システムの販売業者に限ります。
太陽光発電システムを購入した先で代行の依頼をするとよいでしょう。

◆補助金の金額・1kWあたり3.5万円を超え47.5万円までの場合……3.5万円/kW・1kWあたり47.5万円を超え55万円までの場合……3.0万円/kW

◆申請の方法・補助金の申請書類を太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)の公式サイトから「補助金申込書」ダウンロード↓必要事項を記入↓J-PECへ郵送(配達記録が確認できる方法)↓補助金申し込み受理決定通知書の受け取り↓太陽光発電システムの設置工事↓太陽光発電システムの稼動↓「補助金交付申請書」の提出↓補助金交付決定通知書の受け取り↓補助金の受け取り※必要書類は2回提出しなければなりません。
注意してください。
(「補助金申込書」と「補助金交付申請書」)

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>