太陽光発電のデメリット

太陽光発電を導入すると電気代も安くなるし、とってもエコロジー
そんな印象がある太陽光発電ですが、実際には導入することによるデメリットはないのでしょうか?
やはり100%すべての面で優れているという発電方法はなかなかないようで、太陽光発電にもデメリットはあるようです。
そこで、太陽光発電を導入する前に太陽光発電についてのデメリットも詳しく紹介しておきたいと思います。
・初期コスト・・・太陽光発電を自宅で行うためには、太陽光パネルやそれに付属する各種機器を購入し、設置する必要があります。
これらにかかる初期コストは導入時に負担しなければなりません。
そのコストは発電する電力量によっても異なるですが、一般的に150~200万円程度であるといわれています。
もちろん、導入後には電気代が安くなったり、余った電力を電力会社に売ることができるので、長いスパンで見ればもとをとることもできるでしょう。
・太陽光パネルの掃除の必要性・・・太陽光パネルにほこりなどの汚れが付着してしまうと、発電効率が低下してしまいます。
そのため、太陽光パネルは定期的に掃除をする必要があります。
近年では光触媒効果で汚れがつきにくいパネルも開発されていますので、掃除は1年に1度程度で十分であると考えられています。
パネルの掃除を請け負ってくれる業者もありますので、探してみると良いでしょう。
・雨や曇りによる電力供給量の低下・・・太陽光発電は太陽の光をエネルギーとして発電を行っています。
そのため、雨の日や曇りの日はどうしても発電効率が低下してしまうという性質を持っています。
しかし最近ではメーカーの努力によって太陽光発電パネルの性能向上が図られており、発電効率の低下しにくいパネルが開発されています。
いかがでしょうか?
太陽光発電のデメリットを知ってみて、どう思いましたか?
太陽光発電にはデメリットもありますが、総合的に見て太陽光発電で得られるメリットはデメリットを上回っているといえるでしょう。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>